2015.10

一般的に、インフルエンザは秋から春先にかけて流行するという認知がされているものの、近年では夏にもインフルエンザを発症する方が増加傾向にあります。
そのため、年間を通して対策を行う必要があります。
予防対策として有効とされているのが、各メーカーが高い技術を投じて開発している空気浄化機を利用するという方法です。
通常、インフルエンザは飛沫感染と接触感染が主な感染経路とされているものの空気感染の可能性が全くないというわけではありません。
空気中には必ず飛沫核と呼ばれるウイルスを含んだ物質が漂い、飛沫核を吸い込むことで人はウイルスに感染してしまいます。
そのため、飛沫核を吸い込まない対策をとる必要がありますが、その対策として空気浄化機で除去するという事と飛沫核を通さないように開発された高性能マスクを着用するという事が挙げられます。
使用する事の多い一般的なマスクは、目が粗いため飛沫核を防ぐ事ができません。
こうした事から医療機関用に開発された高性能マスクを選ぶ必要があるのですが、自宅でも常にマスクを着用しているというのは現実的とは言えません。
こういった場合に空気浄化機が重宝します。
空気浄化機に内蔵しているフィルターは、インフルエンザウイルスよりも目が細かいためインフルエンザウイルスを除去することが可能であるため、対策として取り入れることが可能なのです。
そして、加湿機能が搭載されている空気浄化機を利用することで室内の湿度が適正に保たれるためインフルエンザウイルスが生存しにくくなります。
その上、適正な湿度は生活する人の喉や鼻の粘膜を潤すためインフルエンザウイルスが付着しにくくなり症状が発症しにくくなるため根本的な対策ができるのです。