2015.07

インフルエンザにかかった際に注意しておきたい事としてあるのが食事です。
なぜならばこの食事の仕方によってはインフルエンザの症状の悪化を最小限に食い止める事が出来るからです。

インフルエンザの時にまず注意しておきたい食事方法として具体的に挙げられるのが、消化が悪い食品を控えるようにするという事です。

消化の悪い食品は摂取する事で胃腸に負担をかけてしまい、そのせいで症状が悪化することにもなりかねないので、控えておいたほうが良いと言われています。

ちなみに消化の悪い食品としては、揚げ物やソーセージ・ハム・油の多い肉類、さつまいも・こんにゃくといった芋類、青魚・イカ・タコ・かまぼこ・牡蠣以外の貝類・チョコレートといったもの等があり、インフルエンザの時にはこうした消化の悪い食べ物はなるべく把握しておいて取り入れないようにするのが良いです。

更にインフルエンザにかかった時に注意しておきたい食事方法として良く言われるのが水分をこまめに摂取していくという事です。
水分をこまめに摂取することでインフルエンザウイルスが活性化しやすいと言われる乾燥した状態を防ぐことができるので、積極的に水分補給していくのが望ましいです。

インフルエンザに対して効果のある飲み物としてはりんごジュースやすりおろしりんごが良いと言われています。

また水分以外でインフルエンザの時に摂取しておきたい食品として挙げられるのが、水分を多く含むような食べ物はもちろん、消化に良くて栄養価が高いような豆腐やうどんといった食べ物や、抗菌作用に優れたにんにくなども大変良いと言われています。

その他注意点としてはどうしても食欲が出ないときは無理して食べるのは避け、症状が回復するのに合わせて徐々に通常の食事に戻していくことが重要です。