インフルエンザ対策本部

あっという間に感染拡大していくインフルエンザを予防し、万が一感染した場合の対処法などを掲載しています。

インフルエンザの時の入浴につての注意点

浴室風邪の場合は、良く体を温めるために入浴することが良いといわれますがインフルエンザの場合は注意が必要です。
なぜかというと、インフルエンザは高熱により体力を消耗するため、入浴することで体力を消耗するのはお勧めできないからです。
特に、インフルエンザにかかって寒気や悪寒があるときは、もうすぐ熱が上がるという合図ですので注意が必要です。
寒気があるからといって、入浴して温まろうとすると体力が消耗してしまっているためそのあとの高熱が長引いてしまう可能性が高くなります。
また、体力が消耗している状態では体の免疫力が弱ってしまうので、全身にインフルエンザの影響が出てしまう可能性があるため注意が必要です。
また、熱がある状態では体の水分が蒸発して脱水状態になりやすいため、入浴によりより体の水分が奪われてしまう恐れもあります。
高熱が下がるときには、汗がたくさん出るのでそのままですと気持ち悪いですし、汗を吸った衣類のせいで体が冷えてしまう可能性があります。
このため、体をふいてすぐに着替えることが大切です。
しかし、いったん熱が下がってもまた高熱が出る可能性があるので熱が下がった当日については体を拭くくらいにしておいたほうが良いです。
翌日になって熱がない状態の場合は入浴よりも体力の消耗が少ないシャワーでさっと汗を流すことも良いですが、このときには上がった後に冷えることがないように部屋を暖かくしたりすぐにまた布団に戻るなど注意することが大切です。
体がふらふらしたり、食欲が戻っていない時やのどの痛みや咳が続いている場合には熱がなくてもシャワーや入浴は控えたほうが良いです。
とにかく、インフルエンザにかかった場合には体力を温存して、回復のほうにエネルギーを回していくことが大切になります。